上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


「生命とは動的平衡にある流れである」

ぞくぞくしました。

「お変わりありませんね」などと挨拶を交わすが、半年、あるいは一年ほど会わずにいれば、分子レベルでは我々はすっかり入れ替わっていて、お変わりありまくりなのである。(p162-163)


「体内の水分は一か月ですべて入れ替わる」
などとはよく聞きますが、
こういった体内の構成要素の入れ替わりに対するイメージは
「個人」という普遍的な器があって、
その中身が入れ替わる、というのが一般的でしょう。

しかし実際のところは器ごとごっそり、
というか器という概念もなく、
体のすべてが分子レベルで入れ替わっているらしい。

構成要素となる分子は絶えず流れていて、
ある瞬間のある分子たちが平衡している状態が生命で、
僕ら、ということ。

砂嵐のようにザーッと流れる膨大な粒子の中で
おびただしい量の粒子が
自分の中に入って出ていく様子を想像して、
ぞくっとしました。

高校生の時に小林泰三「人獣細工」を読んだときに、
個人って何なんだろうとか?と
不安になったことを思い出します。

人間の心臓を持つ豚の心臓と、人間の肝臓を持つ豚の肝臓と、人間の腎臓を持つ豚の腎臓と、(中略)、人間の甲状腺を持つ豚の甲状腺と、人間の卵巣を持つ豚の卵巣を組み合わせて作り上げた人間は人間なのかしら?(p54)


AとBという二人の人物がいて
AとBの体の1%だけ交換したら
初めと変わらずAはAでBはBの気がする。
けれども、もし、99%を交換したら、
それはもはやAはAでないしBもBではないと感じる。

独立した個人の境・条件はどこにあるのだろうかと考えていくと、
答えが出ず、いつも自分が確固として感じていた一人の自分が
ひどくあやふやな物のように感じて不安になったりしましたが、

そんな体の部分というレベルではなく
日々、分子のレベルで総とっかえが行われていたとは驚きです。
それも脳を含めて。

自分は何者なんでしょうかね。
分子の流れにいる僕と他人を分けるポイントは
どこにあるんでしょうかね。

平衡点の違い、というのはどこか気持ちが悪い。

「脳の中の幽霊」を読んで、
自分自身の中心にいたと思った意識が、
幽霊のような無意識に大きく影響されていると知った時にも感じましたが、

面白いなと思う一方で、
科学が進めば進むほど、
人は自分の存在のあやふやさに悩むようになるんじゃないかと
ちょっと心配になりました。
スポンサーサイト

2010年03月09日 | Comment:1 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
2010/1/11~1/12の二日間
マレーシアのクアラルンプールで開かれた
IWAIT2010に参加してきました.
(International Workshop on Advanced Image Technology 2010)
http://fit.mmu.edu.my/iwait2010/

初めての国際会議でしたが、
自己評価はまぁまぁだったかな。

英語の話し方がちょっと
偉そう聞こえてしまったかなというのと
質疑に対して応答がいまいちだったのが反省点です。
(質疑と言うか座長さんからのコメントだったのだけれど)

ともかく英語での対外発表は初めてでしたので、
良い経験になりました。

会場のホテルは豪華で、
食事も美味しかったし、
時間的に余裕があってそこそこ
観光もできたので良かったです。

P1070386.jpg
発表会場
P1070374.jpg
ツインタワー
P1070377.jpg
綺麗なホテル?
P1070411.jpg
関帝廟
P1070452.jpg
クアラルンプール駅
P1070461.jpg
国立モスク


2010年01月14日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 日常・意見 | Top↑ |
BBC News: The G-spot 'doesn't appear to exist', say researchers
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/8439000.stm



サザンも歌ってた有名なGスポット
雑誌やその筋の専門家たちに影響されて
女性が想像の中で作り出してしまったモノかも知れない
という調査結果が出たそうですね。

調査方法は一卵生とニ卵生の双子の姉妹に
Gスポットはありますか?
とアンケートを取るというもの。

生物学的にGスポットがあるならば
一卵性の双子では両者がGスポットがある(またはない)と答え
二卵性の双子では両者の答えが一致しない
はずであるという事だが、
そうはならなかったという結果に。

面白いですね。
結果もそうですが、
そんなことを研究している人がいる事も。

まぁ初めて大規模な調査をしたようですし、
後天的に獲得されるものという可能性もあるので
結果は鵜呑みには出来ませんが、

もし仮に記事に書いてあるように
想像の産物だとするならば、
これはあまり公表しない方が良いかも知れませんね。

楽しみが減ってがっかりする人が出てくるでしょう。
少子化に拍車をかけかねません。

正直、僕としてはどっちでもいいんですけど。

2010年01月04日 | Comment:1 | TrackBack:0 | | 未分類 | Top↑ |
【ポソ宗教戦争(ぽそしゅうきょうせんそう)】
インドネシア中部スラウェシ州北東沿岸部の
ポソで1998年末から2001年の末までに起こった宗教戦争

1998年末、ムスリムとキリスト教徒のあいだで抗争が勃発、
約1000人が死亡、数万人が避難民となった[1]。
抗争の勃発は、ムスリムの少女が
キリスト教徒にレイプされたという噂が原因だった。

インターネットの動画共有サイトに、
ポソ宗教戦争の凄惨な光景を撮影した動画がアップロードされた。
ビデオには対立する宗教の住民の生首を掲げる民兵や、
犠牲者の激しく損壊された遺体、
リンチを受ける住民などが撮影されており、
紛争がいかに凄惨なものであったかを物語っている。

Wikipediaより引用
--------------------------------------------------

さて、なぜこの戦争の話題について
書いているのかと言うと、
"ポソ宗教戦争の凄惨な光景を撮影した動画"
を見たからである。

僕は友達から知ったのだけれど、
この動画はどうやらネットでは有名で、
所謂"グロ動画"として興味本位でみる人も多いよう。

初めは死体や生き物を殺す動画や画像を
興味本位でみるのは、嫌い、
というか人として間違っていると考えているので、
スルーしようかと思ったのだけれど、
動画の説明や見た人のコメントを読んで
気持ちが変わりました。

見た人達の中には、
初めはちょっとした好奇心からみたが
戦争や宗教、人について考えさせられた
というコメントも多く、

おそらくこの動画をアップした人も
事実を知って何かを考えてほしい
という意図があるのだろうと感じて、
(そうであってほしい)
むしろ見るべきものであるかなと思ったわけです。

で、

本当に恐ろしいと思いました。
同時に悲しいとも。

普段、僕らが共通認識している、
"人を傷つけてはいけない"とか"人の痛みを感じろ"のような
道徳や社会規範のあいまいさ。

「信仰」や「復讐」「家族」「防衛」
そんなもので精神的に正当化できれば、
文字通りゴミのように人も殺せる。
残忍に傷つけることができる。
相手の人間性を全く無視で。

怖いのはそこに
それを許容というか推奨する
別の道徳や社会規範があるということ。

敵方の生首を掲げている人は、
子供のように無邪気な笑顔をしていた。
自分の行為の正しさを疑いもしていない顔。

彼らには彼らの善悪の基準がある。
その基準は宗教という強力なバックボーンを持ち、
強い信仰心があればあるほど揺るがないし、
相反する基準の存在を許さない。

そこから争いが生まれる。

宗教に限らず、
何かに精神、価値判断などの拠り所を強く傾けることは、
個人やある集団としては安定するかもしれないけど、
異なる考えに対する強い反発心も生む。

自分の精神的主柱が揺らぎかねないから。


物事を柔軟に受けいられるバランスの良い
立ち位置にいられることが理想なんだろうけど、

そのためにはちょっとやそっとじゃ揺るがない
強い精神が必要なんだろうね、きっと。

そういった安定した精神を求めて
信仰を持つ人もいるわけだし。

ふーむ。


まぁというように
全然考えがまとまらないけれど、
色々と考えるところのある動画でした。

かなり精神的にきつい映像なので見ろとは言いません。
が、ちゃんと考えるところがあって見るならば、
得るものもある動画だと思います。
(POSOで検索すればみれます)

2009年10月22日 | Comment:1 | TrackBack:0 | | 日常・意見 | Top↑ |
溝鼠 (徳間文庫)溝鼠 (徳間文庫)
(2006/03)
新堂 冬樹

商品詳細を見る

以前、服屋のお兄さんに薦められたと書いた「溝鼠」。
読んでみました。

なんでも小説で初めてR指定になったとか言う事で、
どんだけえぐいのかとドキドキしてましたが
感想としては何てことはない。

性描写が多いというか、
まぁ率直に言えばエロいので、
その辺でR指定をくらったんじゃないかと。

ところどころ下品で気持ちの悪いシーンはあったけれども、
気持ち悪さとか残酷さで言ったら
殺し屋1(マンガだけど)の方がインパクトあったし、
描写の生々しさで言ったら玩具修理者や高瀬舟の方が
よっぽどエグイと思いました。

"凄いきつい"と言われて読んだので、
ハードルが上がっていたというのもあると思いますが。

まぁ小説としては普通だったかな。
可もなく不可もなく。

続編に毒虫vs溝鼠があるみたいだけど
たぶん読まないなぁ。

小説は読まないだろうけど、
毒虫vs溝鼠のDVDの方にちょっと興味が。

溝鼠VS.毒蟲 [DVD]溝鼠VS.毒蟲 [DVD]
(2009/01/23)
竹原慎二夏生ゆうな

商品詳細を見る

ボクシングの竹原慎二と畑山が主演(?)って
なんだか面白そうじゃん。

2009年09月21日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。