上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


「生命とは動的平衡にある流れである」

ぞくぞくしました。

「お変わりありませんね」などと挨拶を交わすが、半年、あるいは一年ほど会わずにいれば、分子レベルでは我々はすっかり入れ替わっていて、お変わりありまくりなのである。(p162-163)


「体内の水分は一か月ですべて入れ替わる」
などとはよく聞きますが、
こういった体内の構成要素の入れ替わりに対するイメージは
「個人」という普遍的な器があって、
その中身が入れ替わる、というのが一般的でしょう。

しかし実際のところは器ごとごっそり、
というか器という概念もなく、
体のすべてが分子レベルで入れ替わっているらしい。

構成要素となる分子は絶えず流れていて、
ある瞬間のある分子たちが平衡している状態が生命で、
僕ら、ということ。

砂嵐のようにザーッと流れる膨大な粒子の中で
おびただしい量の粒子が
自分の中に入って出ていく様子を想像して、
ぞくっとしました。

高校生の時に小林泰三「人獣細工」を読んだときに、
個人って何なんだろうとか?と
不安になったことを思い出します。

人間の心臓を持つ豚の心臓と、人間の肝臓を持つ豚の肝臓と、人間の腎臓を持つ豚の腎臓と、(中略)、人間の甲状腺を持つ豚の甲状腺と、人間の卵巣を持つ豚の卵巣を組み合わせて作り上げた人間は人間なのかしら?(p54)


AとBという二人の人物がいて
AとBの体の1%だけ交換したら
初めと変わらずAはAでBはBの気がする。
けれども、もし、99%を交換したら、
それはもはやAはAでないしBもBではないと感じる。

独立した個人の境・条件はどこにあるのだろうかと考えていくと、
答えが出ず、いつも自分が確固として感じていた一人の自分が
ひどくあやふやな物のように感じて不安になったりしましたが、

そんな体の部分というレベルではなく
日々、分子のレベルで総とっかえが行われていたとは驚きです。
それも脳を含めて。

自分は何者なんでしょうかね。
分子の流れにいる僕と他人を分けるポイントは
どこにあるんでしょうかね。

平衡点の違い、というのはどこか気持ちが悪い。

「脳の中の幽霊」を読んで、
自分自身の中心にいたと思った意識が、
幽霊のような無意識に大きく影響されていると知った時にも感じましたが、

面白いなと思う一方で、
科学が進めば進むほど、
人は自分の存在のあやふやさに悩むようになるんじゃないかと
ちょっと心配になりました。
スポンサーサイト

2010年03月09日 | Comment:1 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
溝鼠 (徳間文庫)溝鼠 (徳間文庫)
(2006/03)
新堂 冬樹

商品詳細を見る

以前、服屋のお兄さんに薦められたと書いた「溝鼠」。
読んでみました。

なんでも小説で初めてR指定になったとか言う事で、
どんだけえぐいのかとドキドキしてましたが
感想としては何てことはない。

性描写が多いというか、
まぁ率直に言えばエロいので、
その辺でR指定をくらったんじゃないかと。

ところどころ下品で気持ちの悪いシーンはあったけれども、
気持ち悪さとか残酷さで言ったら
殺し屋1(マンガだけど)の方がインパクトあったし、
描写の生々しさで言ったら玩具修理者や高瀬舟の方が
よっぽどエグイと思いました。

"凄いきつい"と言われて読んだので、
ハードルが上がっていたというのもあると思いますが。

まぁ小説としては普通だったかな。
可もなく不可もなく。

続編に毒虫vs溝鼠があるみたいだけど
たぶん読まないなぁ。

小説は読まないだろうけど、
毒虫vs溝鼠のDVDの方にちょっと興味が。

溝鼠VS.毒蟲 [DVD]溝鼠VS.毒蟲 [DVD]
(2009/01/23)
竹原慎二夏生ゆうな

商品詳細を見る

ボクシングの竹原慎二と畑山が主演(?)って
なんだか面白そうじゃん。

2009年09月21日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
厭な小説厭な小説
(2009/05/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

"厭な"ということを
コンセプトに書かれた(作られた)小説。

まず外装から凝っていて、
まるで古本のような薄汚れた見た目。

友達に貸してもらった時に
"うわっきたねぇな!古本かよ"
と正直心の中で思ってしまいました。

中も時々、本に挟まれて潰れた蚊が
印刷されていたりして、面白い。

話自体も非常に"厭な"感じで、
ストーリー自体の厭さもあるけれど、

表現が遠まわしだったり曖昧だったり、
最後まで説明しなかったり、
書き方自体も工夫されている感じがして、
京極さん、すごいなぁと思いました。

特にラスト。

ネタばれになるから書けないけれど、
読者としては一番"厭な"終わり方だよな、
と僕は思いました。

まぁ結局、そういうところに感心しつつ
楽しんで読めっちゃったので、

"厭な小説じゃないじゃん"

とか思ったりもしますが、
本気で不快なものを作ったら、
人に読まれなくなっちゃいますもんね。


ちなみに映画ですけど、

視覚的に
・乱歩地獄
聴覚的に
・エリ・エリ・レマ・サバクタニ

はガチで不快でした。
おためしあれ。

乱歩地獄 デラックス版 [DVD]乱歩地獄 デラックス版 [DVD]
(2006/05/25)
浅野忠信成宮寛貴

商品詳細を見る


エリ・エリ・レマ・サバクタニ 通常版 [DVD]エリ・エリ・レマ・サバクタニ 通常版 [DVD]
(2006/07/26)
浅野忠信宮崎あおい

商品詳細を見る

2009年09月01日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス)快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス)
(2003/08/30)
廣中 直行

商品詳細を見る

「行動を評価し、報酬を与える」

生物は"快・不快"の感覚によって、
これを内的に行える。

これは実はすごい。

GAとか機械学習をやっているとよく思う。

通常、何かをコンピュータに学習させたいと思えば、
何が"良い"のか"悪い"のかを、
人が機械に教えてあげなければならない。

この"良し悪し"、評価関数という形で与えるのだが、
ある目的、環境を定めて、それに対して人が設計するので、
その決められた環境の中でしか学習できない。

設計そのものが難しいし、
生物と比べれば柔軟性はひどく落ちる。

という事で、

機械学習を考える一つのキーは、

「行動の自己評価」

言い換えると、

「評価関数の自動設計」

であるのではないかと考えているわけで、
何かヒントがあるかと思い、この本を手にした。

で、結論を言えば、
本質的には何も分かっていないことが分かった。

「快・不快を引き起こす物質や部位」

は分かってきていても、

「快・不快の決め方」

は分かっていない。ってことかな。

まぁそもそも最初に想像していた本と内容が違ったし。
著者の専攻が薬理学の方面のようで、
薬とか精神病の話が多く書かれていました。

2008年12月09日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
人体 失敗の進化史 (光文社新書)人体 失敗の進化史 (光文社新書)
(2006/06/16)
遠藤 秀紀

商品詳細を見る


進化、特に生物の形態の変化についての本。

生物というものは"神の手"によってスマートに設計されたものではなく、
むしろパッチワークを作るようにして出来上がった泥臭いものだ、
ということだそうだ。

特に人間はひどい出来。

無理をして二足歩行に切り替えた体は、
立っているだけであちこちにガタがくるし、
そうして手に入れることができた人間の最大の武器、
肥大化した脳は環境を壊し、
その他の生物どころか自分で自分の首を絞める。

そんな人間について著者はこう書いています。

>ヒト科全体を批判するのがためらわれるとしても、
>明らかにホモ・サピエンスは成功したとは思われない。
>この四足歩行の動物は、どちらかと言えば、化け物の類だ。
>50キロの身体に1400ccの脳をつなげてしまった
>悲しいモンスターなのである。

なんだか痛快。

地上の覇者と思いあがっている人間は、
実際、不備だらけのかわいそうなモンスターだと。

皮肉な感じがいいですね。

これを読むと"無頼伝 涯"の人間学園で4つんばいで生活していた
"イヌの部屋"の人達は案外、
体に優しい生活をしていたんじゃないかと思えてくる。

もともとは4足歩行向きにできた体なんだからね。

2008年11月06日 | Comment:3 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。