上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
非モテSNS
http://himote.in/

himote.jpg
とか言うのに登録してみました。

モテない自慢の日記しか書いちゃいけないらしい。
あと彼女・彼氏できたら即退会。
プロフィール設定画面がえらいことになってます。
pro.jpg

何か怖い。

ちなみに非モテ度診断したら
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sight/pc/
--------------------------------------------
あなたの 非モテ度は

38%です

判定:一般人

きわめて普通の人です
自分はモテナイと思っている人は数多くいます
あなたもその中の一人です
大丈夫です。必ず運命の人は現れます
とりあえず、しばらく待ってみることです
あせりは禁物です
---------------------------------------------

だ、そうで、
運命の人きちゃうって。

どうしよ。

非モテSNSとは短いお付き合いになりそうです。
スポンサーサイト

2009年09月06日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | ウェブ | Top↑ |
ドラゴンボールマルチバース
(Dragon Ball Multiverse: DBM)
http://www.dragonball-multiverse.com/jp/accueil.html

ドラゴンボールのファンだとか言う、
どこかの外国人が勝手に書いてるマンガ。

こういう事が良いか悪いかは別として、
結構、面白い。

ざっくりと話を言うとパラレルワールドから
ドラゴンボールの登場人物たちが集まって、
天下一武道会的なものを開くというもの。

あぁ隣の宇宙のべジータさんはザコいですね
そっちの宇宙ではセルさん生きてましたか
みたいな感じ。

設定が面白いし、絵もうまい。

まだ全話は公開していなくて、
徐々に公開されていくみたいです。

そういえばこのマンガのコメントで知ったんだけれど、
スーパーサイヤ人ってSSJって言うんですね。

全然関係ないんだけれども、
一時期、弟が僕のことをJJ(じゅんじだからね)と
呼んでいたのを思い出しました。

スーパージュンジだとSJJ。

おしい。

2009年06月24日 | Comment:1 | TrackBack:0 | | ウェブ | Top↑ |
モバイル業界にも就職活動しているので、
ちょっと企業研究も兼ねて、
業界最大手のDeNAさん、
モバゲーに登録してみた。

これすごい・・・

レイトン教授シリーズとか、
このクオリティで無料なのも凄いけれど、
何よりmixiなんかのSNSと比べて、

圧倒的なのは、

出会いっぷり。

登録して二日足らずで、
既に15・6件も知らない人からメールがきて、
その内数人と形式上友達となってしまいました。

このペースでいくと数か月で、
知らない友達が数十人とかになりそう。

結構皆さん、

"お友達になってください"

といきなり友達申請です。

僕のプロフィールなんて、
"よろしく"ぐらいしか書いてないのに、
こんなにアグレッシブに絡んでくるなんて、
どういうつもりでしょうか。

普通のユーザーもいるかもしれないけど、
なんだか堅気ではない雰囲気。

これはある程度、友達をゲットすることで、
普通のユーザとしての信用を得ようとしているのか。

だとすると僕が友達になることで、
彼らの片棒を担いじゃってるわけで、
好ましくないんですが。

中にはあからさまな方もいらして、

-------------------------------------------------
返事返すの遅くなっちゃった
来ないと思ってたから驚きだった
めんどくさいからアド教えちゃいまぁす
**************あっといーじーうぇぶ
-------------------------------------------------

と直接アドレスを送ってくださいます。

ちなみにこれは定型文らしく、
同じ文面のメールを何件かもらいました。

DeNAさんの説明会では、
モバゲーが出会い系化しないで、
青少年にとって健全な場でなければならない、
と言っていましたが、

まだまだ厳しいよう。
そもそも出会いをどうやって規制するんだろうか。

難しい問題ですね。

2009年02月15日 | Comment:1 | TrackBack:0 | | ウェブ | Top↑ |
mixiの良さ、と言うか流行った要因は、
「仲間内で」という感覚が暗にあったからだと思う。

文章を書いて、それにコメントをつける、メールを送る、
なんてものはmixiじゃなくてもできる。ブログで十分だ。
だけれどもブログはmixiと比べて一般に利用されにくい。

それは情報が開かれている、ということに抵抗感があるからだ。と思う。
不特定多数の人に情報を見られるという感覚を心地よく思わない人は多い。

敷居が高いとも感じる。

実際に僕自身もmixiに文章を書く時ではプライベートでくだらない感じだけれど、
ブログで書く場合はもう少しちゃんと書かなきゃと思ったりする。
個人情報の流出もちょっと心配したりする。

おそらくネットやPCにあまり詳しくない人達は、
そういったことをより強く感じる。

そういう感覚を持つ人達がたくさんいる中で、
mixiはネットという大きな世界に、
"mixi"という閉じた枠を作り、
その中でさらに小さな"マイミク"というグループを提供した。

小さな閉じたコミュニティの中で、
特定の人達とコミュニケーションをとっているという感覚は、
安心感を呼ぶ。

学校やファミレスでだべっている感覚に近い。

それが虚構のものだとしても、
だからこそ安心して個人情報を垂れ流せた。
だからこそ気兼ねなく、
「部屋にエアコンがついた」「俺はにょろにょろに似ている」だとか、
第三者に情報としてほとんど無価値のことでも書けた。

ではそういった「仲間内で」感を出していた要因は何だろうか。

少なくとも"招待制"と"足跡"はそれらの一つだったのかなと思う。

招待制にすることにより、
より特定された個人(知り合い)の集まりであるという錯覚を持つ。
自分や自分の友達が招待した人たちは安心だし、
知らない人たちでも誰かに招待されて入っていると考えると悪い気がしない。

招待されて入ったと言う感覚はグループへの帰属意識も強める。

また足跡がつくことにより、
お互いがお互いの存在を認識しやすくなる。
友達が近くにいるという感覚を持つことで、
より友達のグループを意識する。

ということでmixiの成功の一役をになっていたのは
"招待制"と"足跡"と思っていたのだけれど…

mixiは"招待制"を止めてしまったし、
"足跡"もユーザが任意に消せるようにしてしまった。

mixiは自分自身の良さはどこにあると考えているのだろうか。
良さをつぶしてはいないか。

今後が気になるところです。

2009年01月07日 | Comment:3 | TrackBack:0 | | ウェブ | Top↑ |
ウェブカレ始めました。

ウェブ上でヴァーチャルな彼氏をもてる新しいSNS。

女性向きですが、旺盛なチャレンジ精神のたまものというか、
秋の夜のさみしさの中で魔が差したというか、

とにかく僕も彼氏をゲットしてみました。

ひゃっほー。
この世に生を受けて24年、恥ずかしながら初彼だ。
どうやって彼に接していいか、まだ分からないでいます。

とりあえず彼を紹介。


氏名:草間薫
職業:秀才、生徒会長
装備:メガネ
趣味:お菓子作り

上に表示されているのが彼です。
つつくと喜ぶのでみんな、クリックしてみて。

いやー、
きもいっす。

なんかウケるね、このサービス。
20代の女性の5割は彼氏がいないらしいけれど、
そんな世の中の流れに案外がっちしているのかな。

ちなみに男は6割彼女がいないとのこと。

それだけお互いにフリーなのに、
二次元に走ったり、ウェブ上で彼氏を求めたり、
生物として終焉を迎えてきている気がしますね。

ま、何でも適度に挑戦することは良いこと。
ウェブカレとはさみは使いよう。

はまり過ぎなければ良し。

ということで皆もウェブカレデビューしましょ。
僕とウェブトモになってください。

2008年09月23日 | Comment:5 | TrackBack:0 | | ウェブ | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。