上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

―強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。―

この本は皆、読んだ方がいいと思う。

犯罪者とその家族のリアルが描かれている
(何がリアルかなんて実際には知らないけど!

自分にも兄がいる。
もし自分がこの立場だったら・・・

兄が自らのために殺人を犯し、捕まり、刑務所に入り、
自分の人生を大きく狂わしたら。

兄の気持ち、自分の気持ち・・・

考えただけで胸が苦しくなる。

兄のことは大切に思っている。
だからきっとどんな困難があっても、
兄を捨てないでいられる、大切に出来る。

そう思う。

いや、思いたいのかもしれない。

だけどきっとそれは、よい環境に恵まれ、
何の障害もなく自分を認められ、
何でも手に入れようと思えば手に入れられる、
そんな幸せな状況だからこそ思える、

キレイ事なんじゃないかな、きっと。

現実は想像以上に過酷だと思う。
そして過酷さは人を変える。

殺人は被害者を殺し、
自らを殺し、
そして大切な家族さえも殺す。

そのどの立場にもなりたくはないし、
なるものがいてはならない。

馬鹿なことを考えてる全ての人に、
行動を起こす前にこの本を読んでもらいたい。
スポンサーサイト

2006年11月20日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。