上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
“「こんな小説読んだことない!」と絶賛の声” 日本ケータイ小説大賞、「あたし彼女」に決定

あたし彼女 kiki
http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001

冒頭を引用すると、

>アタシ

>アキ

>歳?

>23

>まぁ今年で24

>彼氏?

>まぁ

>当たり前に

>いる

>てか

>いない訳ないじゃん

>みたいな

こんな感じの文が続く。

最後まで読んでないので当然かもしれないけれど、
正直、良さがわからない。

>秋元康さんは「言葉のリアリティーがすごい。こんな小説は
>読んだことがない」と絶賛。

確かにこんな小説読んだことがない。

ケータイ小説は通常の小説と違い、携帯のブラウザを通して読むので、
表示できる情報量に応じて短く簡潔な文章にする必要があり、
その表現方法は当然異なってくるだろう。

紙媒体の小説と同じ重さがあったら、
携帯では読むのは困難なのかもしれない。

にしても。
これはチープ過ぎじゃないかな?

つらつらとあった出来事や感情が書かれた文章は、
mixiなどで手軽に書かれている日記によく似ている。

率直に感想を言えば、浅い。

携帯という新しいメディアの中で生まれた表現の新形態としては、
興味深いと思うけれども、これを小説と呼ぶには浅すぎる気がする。

これは今までに読んだ携帯小説全般に共通して持った感想。
分かりやすい言葉で分かりやすいストーリーが書かれているだけ。

それでも若い世代の多くに支持されているのをみると、
少し怖くなる。

一般の小説も読んだ上で、ケータイ小説を支持しているなら良いが、
単に"一般の小説を読む力がない"ので"ケータイ小説しか読めない"
のだとしたらこれは問題だ。

文章を理解する力、
行間を読む力、
話の裏側を想像する力、

そういった力は実生活とも関係してくると思う。

例えば人と話をしているときに表面上の言葉でしか、
意味を理解できないとするならば、
円滑な意思伝達は難しいだろう。

以前、ニュースで
"若い世代で映画の字幕を読めない人たちが増えている"
と報道されていた。

だから今は字幕をできる限り短く簡単なものに変えていっているそう。
ケータイ小説の流行りもこの流れの一つなのではないだろうか?

ま、そんなの全然関係なしに、趣味趣向の問題かもしれないけどね!

追記:うける↓
http://nantara.seesaa.net/article/107202090.html
スポンサーサイト

2008年09月30日 | Comment:0 | TrackBack:1 | | ニュース | Top↑ |
ありますか?

と、よく就活イベントで社会人の方に聞く学生がいる。

昨日、<ワークスAP×JCB 1dayコラボインターン>と
いう就活の企画に参加したのだけれども、
実際に同じ質問をしている学生がいた。

この質問の意図は何だろう。

もし純粋に"社会人だと難しいけれど学生ならできること"
が知りたいのなら、両親とか近くの先輩に聞けばいい。

わざわざ人事の人に聞くことではない気がする。
でもまぁそれでもこれならまだいい。
ちょいと聞いてみたくなるときもあるかもしれない。

けど、

もし"就職するのに"これやってました"と言えば有利"
という類の事を知りたいと考えての質問なら、

無意味だ。と思うよ。

そんな理由で受動的に始めたことに、
意味があるとは思えないし、
採用する方だって特に食いつくことではないんじゃないかな。

大事なのはやった事実ではなくて、
"どうしてやったのか"
とかいう、その人の物事に対する姿勢でしょ。

形だけマネても、
自分で考えて実行した人とでは、
持っている価値が全然違う。

人のやり方は人のやり方。
一つのアドバイス程度に捉えるならよいけど、
すべき事・したい事は自分で考え実行しなければ意味がない。

そう僕は思います。

2008年09月29日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 就職活動 | Top↑ |
理系クン理系クン
(2008/08/22)
高世 えり子

商品詳細を見る


電車が来るまでの暇つぶしに本屋に行って、
なんとなく立ち読みしてみた本。

文系の作者が理系の彼氏との出来事を、
マンガにしたもの。

まず言っておきたいのは、
別にこれが理系のスタンダードではない。

理系にも文系にも様々な専攻があって、
専攻ごとにそれぞれ特色が違うわけで、
それを専攻する人たちの性格もそれぞれ。

理系と文系の区分なんて、
単に学校教育や受験に都合のいいように
線引きしただけのものです。

で、

それを踏まえて、単に凸凹カップルの一ケースの
マンガとしてみたら、この本、個人的には結構面白い。

この理系の男性の専攻が情報系で、
自分の専攻と被っているせいか、
ちょっと共感できたりする。

女心がわからないのは
男全般の共通項だとしても、

盛り上がると一人で話すとか、
デートどこいく?とか言われるといちいち悩むとことか、
道わからないのにとりあえず歩き続けるとか、
クリスマスの日に魚コード買ってきちゃうとことか…

魚(ナ)コード魚(ナ)コード
()
不明

商品詳細を見る

てか魚コード最高だろ!

魚の形した延長コードとかセンス良すぎです。
正直、女性にクリスマスのプレゼントとしてあげるのは
さすがにどうかと思うけど、逆にこれ貰ったら嬉しい。

いや、むしろ自分で買いに行こうか…というレベル。

これを素で買ってくる人とか惹かれるわ。

2008年09月27日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
ウェブカレ始めました。

ウェブ上でヴァーチャルな彼氏をもてる新しいSNS。

女性向きですが、旺盛なチャレンジ精神のたまものというか、
秋の夜のさみしさの中で魔が差したというか、

とにかく僕も彼氏をゲットしてみました。

ひゃっほー。
この世に生を受けて24年、恥ずかしながら初彼だ。
どうやって彼に接していいか、まだ分からないでいます。

とりあえず彼を紹介。


氏名:草間薫
職業:秀才、生徒会長
装備:メガネ
趣味:お菓子作り

上に表示されているのが彼です。
つつくと喜ぶのでみんな、クリックしてみて。

いやー、
きもいっす。

なんかウケるね、このサービス。
20代の女性の5割は彼氏がいないらしいけれど、
そんな世の中の流れに案外がっちしているのかな。

ちなみに男は6割彼女がいないとのこと。

それだけお互いにフリーなのに、
二次元に走ったり、ウェブ上で彼氏を求めたり、
生物として終焉を迎えてきている気がしますね。

ま、何でも適度に挑戦することは良いこと。
ウェブカレとはさみは使いよう。

はまり過ぎなければ良し。

ということで皆もウェブカレデビューしましょ。
僕とウェブトモになってください。

2008年09月23日 | Comment:5 | TrackBack:0 | | ウェブ | Top↑ |
2008/09/19のR25に載っていた東国原知事のインタビュー

早稲田に在学していた時の話が書かれていた。

夜間の授業が9時に終わり、その後2時間のランニング。
12時に帰宅、食後、朝の3~4時まで勉強。
次の日6時に起きて、子供を見送り、仕事へ行く。

毎日、睡眠2~3時間。
疲労で血尿が出ることもしょっちゅうだったと言う。

このことに対しての東国原知事のコメントが

>好きなことをやらせてもらっているから、自分を甘えさせたくなかった
>それにマラソンをやっていると、どんな苦しみもヘッチャラになる
>肉体的にも精神的にもこれ以上の苦しみはないから、
>何があっても乗り越えられるはず
>限界ラインを基準化するために、つらい経験を常時しておく必要があった

これ。

このストイックさはすごい。
素直に尊敬する。

こういう自分に対しての厳しさ、
身体を酷使してまで何かを得ようとする貪欲さ、
それを続ける強さが、
自分には足りないと常々思う。

そしてそれが欠点の一つであると。

「裸でも生きる」
という本をご存じだろうか。
山口絵理子さんと言う女性企業家の自伝的な本。

以前本屋で立ち読みしたことがあるのだけれど、
この人も同じような空気を持っていた。

いじめを受けた経験から強くなりたいと
高校で男子柔道部に入り、
必死に練習して全国トップレベルに。

英語の勉強のため留学した際は、
毎日ほとんど寝ずに勉強し最終的にぶっ倒れたと言う。

自分が留学した時とは天と地の差だ。

友人に医学部に行く夢を追いかけ続けて、5浪し、
結局ハンガリーの医学部に決まったやつがいるけれど、

彼も英語の勉強で短期留学した時は、
ほとんど寝ずに勉強していたと言っていた。

そういうストイックさを持てる人が、
最終的に夢をつかんだり、
目標を実現する力を持っているのかもしれない
と最近思う。

自滅するという危うさも感じるけれど。

ともかく、
そういう人たちからすると自分は緩すぎる。

平均睡眠8時間。
小学生か。

とりあえず、睡眠時間を6時間にすることを誓います。

一週間で+14時間、一か月で+56時間、一年で…
と考えると一日2時間増は大きい。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)
(2007/09/22)
山口 絵理子

商品詳細を見る

2008年09月21日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | 日常・意見 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。