上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
噂 (新潮文庫)噂 (新潮文庫)
(2006/02)
荻原 浩

商品詳細を見る

-「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。-

「えぐい。」

この小説を一言で言い表せと言われたら、
そう答えます。

帯に「衝撃のラスト一行に瞠目!」と書いてありますが、
まさにその通り。

その売り文句と、

「足首を切り取っていくレインマン」
「噂が現実となる」

という個人的にそそられる設定が気になり、
購入した本でしたが、
読んでるうちに最後の一行のことなど
すっかり忘れていました。

それがラストで…

「え…マジで?うわぁ…」

と、やられました。

なんだか見てはいけないものを見てしまったというか、
知りたくなかったなぁと若干後悔してしまうような妙な感じ。

ホント、えぐいです、この本。

面白いけどさ。

2006年07月13日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://d8yd.blog105.fc2.com/tb.php/7-eb4f12bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。