上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
溝鼠 (徳間文庫)溝鼠 (徳間文庫)
(2006/03)
新堂 冬樹

商品詳細を見る

以前、服屋のお兄さんに薦められたと書いた「溝鼠」。
読んでみました。

なんでも小説で初めてR指定になったとか言う事で、
どんだけえぐいのかとドキドキしてましたが
感想としては何てことはない。

性描写が多いというか、
まぁ率直に言えばエロいので、
その辺でR指定をくらったんじゃないかと。

ところどころ下品で気持ちの悪いシーンはあったけれども、
気持ち悪さとか残酷さで言ったら
殺し屋1(マンガだけど)の方がインパクトあったし、
描写の生々しさで言ったら玩具修理者や高瀬舟の方が
よっぽどエグイと思いました。

"凄いきつい"と言われて読んだので、
ハードルが上がっていたというのもあると思いますが。

まぁ小説としては普通だったかな。
可もなく不可もなく。

続編に毒虫vs溝鼠があるみたいだけど
たぶん読まないなぁ。

小説は読まないだろうけど、
毒虫vs溝鼠のDVDの方にちょっと興味が。

溝鼠VS.毒蟲 [DVD]溝鼠VS.毒蟲 [DVD]
(2009/01/23)
竹原慎二夏生ゆうな

商品詳細を見る

ボクシングの竹原慎二と畑山が主演(?)って
なんだか面白そうじゃん。

2009年09月21日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://d8yd.blog105.fc2.com/tb.php/85-0c40bb83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。